OracleDBサーバのメモリを増やした方がいい理由

 オンラインレスポンスを簡単に向上させる方法があります。まずオンラインレスポンスが遅くなる原因ですが大抵の場合は、データベースアクセスに時間がかかることです。

 データベースのアクセスに時間がかかるのはデータが格納されてあるDISK媒体からデータを読み込むからです。データベースのアクセス時間を短くするためにはDISK媒体からデータを読み込むことを出来る限りやめることが重要です。

>>SQLが突然遅くなる原因と対応方法

>>ORACLEチューニング関連記事の一覧

  解決方法は簡単です。データベースサーバーのメモリを拡張させキャッシュメモリ(SGA)に割り当ててください。それだけです。そしてシステムオープン前にキャッシュメモリ上にデータを載せるようにデータをSELECTする処理を作ってください。更に性能は向上します。

 性能が悪いと問題になっているデータベースでは色々な問題がありますがその一つにメモリサイズが適正でないことがあります。

 最近、高速なデータベースと呼ばれるものは100GBとか200GBのメモリを積んでいます。またはフラッシュ対応しているものや全てインメモリ化しているものです。データアクセスを高速化するには、相応の投資が必要です。

>>おすすめのORACLE参考書まとめ




★★★ブログ村ランキングに1票お願いします!もちろん無料です(笑)★★★
ブログランキング・にほんブログ村へ

【SQLでお困りの方にオススメ】
■SQLが遅くなる原因
・SQLが突然遅くなる原因と対応方法
・OracleSQLのレスポンスが遅い原因3つ
・JOINを使って表結合するとSQLが遅い!?
・SQLがパラレル実行されない原因

■SQLチューニングの基礎知識
・ORACLE SQLのヒントとは
・ORACLEのオプティマイザと実行計画について
・ORACLEのテーブルやインデックスの「統計情報」とは

■SQLチューニングの方法
・SELECT文のSQLチューニング方法
・OracleExadataでのSQLチューニング方法
・SLECT文が遅いときのインデックス作成によるチューニング方法
・INSERT文のSQLチューニング方法
・Update文が遅いときのチューニング方法
・Delete文が遅いときのチューニング方法
・IN句をEXISTS句に置き換えするチューニング方法
・OR句の置き換えによるチューニング方法
・IN句の置き換えによるチューニング方法
・テーブルアクセスフルスキャンを無くしてチューニングする方法
・SQLでGROUP BYが遅いときのチューニング方法
・SQLのソート処理が遅い場合のチューニング方法

■表や索引の断片化対策
・プロが教えるORACLEの表や索引の断片化解消の見積り方法
・ORACLE表の断片化を解消する3つの方法

■SQLのチューニングの補足情報
・ORACLE SQLヒントの書き方
・SQLに複数のヒントの書き方
・OracleSQLに実装すべき3つのSQLヒント
・ORACLE表の統計情報取得日の確認方法
・「統計情報が古い」とはどういうことか
・ORACLE表の統計情報の取得方法

【自己学習したい方にオススメ】
・自宅で勉強用にORACLEデータベースを無償でダウンロードし構築する方法
・OracleMasterGold12cに一ヵ月で合格した勉強方法
・OracleMasterExpertパフォーマンス&チューニングに一ヵ月で合格した勉強方法
・手に職がない人はIT業界へ、オススメ資格と勉強方法
・OracleDBのチューニング勉強方法
・OraclePL/SQL勉強方法