OracleMasterがPosgreSQLを勉強すべき3つの理由

 私はキャリア約10年の業務アプリケーションエンジニアです。これまで関わったシステムで8~9割がOracleデータベースを利用していました。そんな私が最近、いわゆるOSSであるPosgreSQLの勉強を始めた理由を書きます。

1.じわじわとOSSの波が大手にもきている

 これまで大手企業のお客様の担当部門で働いていたこともあり数千万円するORACLEを利用するケースが多かったです。OSSはLinuxベースのOSくらいでした。

 しかし最近、大手企業のシステム開発でもOSSを使い始めるケースを社内で聞くようになりました。また、企業の求人情報を見ても、OSS経験者を求める募集が増えてきています。

2.データベースの根本的な仕組みは10年経っても大きく変わっていない

 私は10年前ORACLE10gのGOLDを取得しました。つい先日、12cにアップグレードしましたが、10年経ってもデータベースの構造や基本的な仕組みは変わっていませんでした。

 オンライン実行できるメンテナンス機能が増えたり、監視ツールの充実やマルチテナントは加わりましたが構造が大きく変わるものではありませんでした。OSSも機能を充実させ、Oracleに勝るとも劣らない機能になってきています。

3.これからはPosgreSQLがくる

 MySQLがOracleに買収されたこともありOSSのデータベースではPosgreSQLがくるのでは、と思っています。実際に日系ITベンダーの中にはPosgreSQLを拡販しようとしているところもあります。

>>おすすめのORACLE参考書まとめ





【SQLでお困りの方にオススメ】
■SQLが遅くなる原因
・SQLが突然遅くなる原因と対応方法
・OracleSQLのレスポンスが遅い原因3つ
・JOINを使って表結合するとSQLが遅い!?
・SQLがパラレル実行されない原因

■SQLチューニングの基礎知識
・ORACLE SQLのヒントとは
・ORACLEのオプティマイザと実行計画について
・ORACLEのテーブルやインデックスの「統計情報」とは

■SQLチューニングの方法
・SLECT文が遅いときのインデックス作成によるチューニング方法
・Update文が遅いときのチューニング方法
・Delete文が遅いときのチューニング方法
・IN句をEXISTS句に置き換えするチューニング方法
・OR句の置き換えによるチューニング方法
・IN句の置き換えによるチューニング方法
・テーブルアクセスフルスキャンを無くしてチューニングする方法
・SQLでGROUP BYが遅いときのチューニング方法
・SQLのソート処理が遅い場合のチューニング方法

■表や索引の断片化対策
・プロが教えるORACLEの表や索引の断片化解消の見積り方法
・ORACLE表の断片化を解消する3つの方法

■SQLのチューニングの補足情報
・ORACLE SQLヒントの書き方
・SQLに複数のヒントの書き方
・OracleSQLに実装すべき3つのSQLヒント
・ORACLE表の統計情報取得日の確認方法
・「統計情報が古い」とはどういうことか
・ORACLE表の統計情報の取得方法

【自己学習したい方にオススメ】
・自宅で勉強用にORACLEデータベースを無償でダウンロードし構築する方法
・OracleMasterGold12cに一ヵ月で合格した勉強方法
・OracleMasterExpertパフォーマンス&チューニングに一ヵ月で合格した勉強方法
・手に職がない人はIT業界へ、オススメ資格と勉強方法
・OracleDBのチューニング勉強方法
・OraclePL/SQL勉強方法