大手企業に勤めるシステムエンジニアが転職を考えた2つの理由

 私は大手ITベンダーに勤める現役のシステムエンジニアです。最近、転職を考えるようになりましたので理由を書きます。

1.SIer・ITベンダーという仕事に疑問を持ち始めた

 我々の仕事はお客様の経営課題をIT、ICTによって解決することです。しかし、現実では期ごとに売上予算があり、崇高な理想を語っていられないことがあります。

 そんなとき、不要な機能追加や本質的に解決しない案件でもどんどん受注しシステム化していきます。そして無駄なシステムの乱立や煩雑な機能を構築していきます。 
 本質的な問題解決するために、自らの技術を磨いているのに何かが違う、と思うようになりました。




2.枠にとらわれず、もっと柔軟なキャリア形成をしたい

 大手だとどこもそうかもしれませんが、社内で大まかなキャリアパスが作られています。例えば、あなたはプロマネ、あなたはインフラ、あなたは業務アプリなどです。この枠の中から自分のキャリアパスを選択します。

 逆に言うとこの枠の中からしかキャリアを選べませんし、キャリアを跨ってスキルを追及することを良しとする文化はありませんでした。オールラウンドプレーヤーを目指す私にとっては大手は向いてないのかもしれないと考え始めました。

最後に
  今後の自分のキャリアを真剣に考えることは重要なことです。転職も活動するのは基本無料なので、ぜひ一度トライしてみても良いと思います。