資産運用を考えている人が投資よりも先にまずやるべき「○○」の見える化

どうも、たけし@アラサーのシステムエンジニアです。

今年2018年4月から投資始めました。

もともと個別に株式への投資とかやってみたのですが、あまり上手くいかなかったので、投資信託へお金を預け始めました。

元手資金はざっと30万円といったところで、10万円をAIロボアドバイザーが運用してくれる「WealthNavi」
に、20万円を高い利回りで話題のひふみ投信に預けました。

>>「WealthNavi」で資産運用

>>【初心者向け】ひふみ投信で始める資産運用。利回りやメリット・デメリットなど

そして数ヵ月経ち、投資そのものにも慣れてきたので、毎月、決まったお金を投資に回す、定期積立も最近始めました。

そんな私ですが、投資を始める前にまずやるべきことがあったなぁと、最近思い返し、取り組みを始めたことがあります。

それは、家計簿をつけることです。

そもそも我が家の家計が分かっておりませんでした(笑)

結婚してからは妻に任せっきりでしたが、どうもいまいち上手くいっているのか、上手くいっていないのか分からない状況。

こんな状況では、たとえ投資が上手く回ったとしてもトータルで上手くお金が増えていくとは限りません。

まずは足元から固めていこうということで、家計簿をつけ、きちんと家計を見える化することです。

私はもともと独身時代はきちんと家計簿つけてました。

といっても、非常に簡単なやり方があります。




ほとんど全ての支払いを一枚のクレジットカードで行うことです。

そうすれば、一枚のクレジットカードの利用明細が概ね家計簿になります。

私はクレジットカードの利用明細を電子データで取得して、家計簿代わりにエクセルで管理していました。

その他、しょうがなしに現金で支払ったものだけ手入力すれば、あとはデータを分析するだけです。

とてつもなく手間を惜しまない方法です。

ちなみに、最近ではレシートを読み込んでくれる家計簿アプリみたいなものもあるようなので、シチュエーションに合わせて使い分けると良いと思います。

家計簿をつけることが重要ではなく、家計を見える化し、改善につなげていくことが重要なので、究極、やり方は何でも良いのです。

でも継続するためには、出来る限り手間を削減し、自動化し、簡略化することをオススメします。

と言うわけで、今現在投資を考えている方は、まず家計を見える化することをオススメします。

>>【初心者向け】貯金や投資、資産運用するためにお金を貯める方法

はじめての人のための3000円投資生活 [ 横山光昭 ]

価格:1,188円
(2018/7/9 23:07時点)
感想(92件)

★★★ブログ村ランキングに1票お願いします!もちろん無料です(笑)★★★
ブログランキング・にほんブログ村へ

資産運用を考えている人が投資よりも先にまずやるべき「○○」の見える化” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。