投資や資産運用を始めるのに勇気なんていらない、必要なのはたったの3000円

どうも、たけし@アラサーのシステムエンジニアです。

私は2018年4月からようやく投資始めました。

投資先は「WealthNavi」と「ひふみ投信」という2つの投資信託です。

>>【初心者向け】WealthNaviで始める資産運用。利回りやメリット、デメリットなど

>>【初心者向け】ひふみ投信で始める資産運用。利回りやメリット・デメリットなど

別に、これまで投資に抵抗があったり、恐がっていた訳ではありません。
むしろ興味津々で、個人で株式投資とかしてました。

もちろん、個人で株式投資した結果は、完敗でしたが(笑)

やはり個人で利益出したり出来るのは一部の人だけなんだろうか、とか思ってしまいます。

でも、まだ他に投資してみたい、ということで選んだのが、投資信託でした。

一般的に投資信託というのはプロの投資家集団にお金を預けて運用してもらう投資の手段になります。

ただ、プロと言えど、良い結果を出しているのは一握りの組織だけです。

ネットを中心に情報収集を進め、行きついたのが「WealthNavi」と「ひふみ投信」でした。

WealthNavi」は非常に面白い投資信託で、お金を預けた後はAIロボアドバイザーが全て自動で分散投資をしてくれます。プロと言っても、人間ではないのです(笑)

投資を始める前にいくつかの質問に答え、リスク許容度が診断され、それに則った投資になります。

「ひふみ投信」の方は、プロの人間が投資をしてくれます。
中心は、日本国内の成長企業です。比較的身近な感じがします。

どちらも積極的な投資信託(いわゆるアクティブ運用)で、投資信託の中では利回りが良い方だと思います。
もちろん、その分、リスクもあるのですが。

リスクを冒したくない、という方向けにも投資方法はいくらでもあります。

例えば、インデックス運用と呼ばれる投資で、ある程度、相場の流れにそって、銘柄を組み入れていく方法です。

こういったものは、年率3~4%ですが、積極的な投資よりも確実に利益を出すことが出来ます。

お金持ちの人はみなさんインデックス運用も資産運用の中に組み込んでいるみたいですね。

では、そういった投資はいくらから始められるのか。

投資はたったの数千円から始められます

積立投資であれば、千円代から始められます。

方法も簡単で、
例えば、SBI証券に口座を開設して、インデックスファンドを選択して、定期積立3000円と、ネットで設定するだけです。

後は、自動的に毎月3000円が積立されていき、投資されていきます。

定期預金よりも段違いに利益が出ます

ちなみに、私も、毎月3000円の積立を「ひふみ投信」で始めました。

積立投資は、自動的に引き落とされるので、手間が全く掛かりません。

お金が勝手にお金を生み出していくイメージです。

もし、もう少し投資のことに興味があれば、私の投資成績を公開しているので参考にしてください。

>>「投資」関連記事の一覧へ