【初心者向け】ひふみ投信で始める資産運用。利回りやメリット・デメリットなど

どうも、たけし@アラサーのシステムエンジニアです。

4月から、ひふみ投信という投資信託で投資を開始してから早くも1ヵ月が過ぎました。
節目でもありますので、成績や感想など、初心者の方にもご理解頂けるように簡単に振り返りたいと思います。

投資した金額

2018年4月に投資を開始しました。
ずばり元手は20万円です。ただのサラリーマンにしては結構思い切りました(笑)

ただ、投資信託って全財産賭けて馬券買って、万馬券を狙う、ようなものではないので、いきなり20万円が0円になるようなことはまずないと個人的には思っています。

もちろん原本割れ(この場合は20万円を切る)の可能性があることは確かです。
そこで、ネットでもかなり評判の良い、ひふみ投信にしました。

>>【初心者向け】貯金や投資、資産運用するためにお金を貯める方法

ひふみ投信の成績(利回りや利益)

2018年の4月から投資を開始しました。
始めのうちは気になって毎日のように確認していましたが、既に確認することに飽きてきました(笑)
それくらい安心できる推移でした。

結果的には5月に入った時点、わずか1ヵ月で3,132円プラスになりました!!
1.5%くらい増えましたかね。1ヵ月何もせずにお金を預けているだけでこれだけお金が増えるというのはうれしい限りですね。

さらに、5週間目、2018年3月期の決算発表が過去最高益を超える企業が続出したこともあって、7,185円プラスになりました!このまま上がってくれればうれしいな。

6週間、一カ月半経過でプラス9,224円まで上がりました。どこまで上がるかな。

1日目  200,330円 (+) 330円
2日目  200,830円 (+) 830円
1週間  198,413円 (-)1,587円
2週間  202,069円 (+)2,069円
3週間  202,703円 (+)2,703円
1ヵ月  203,132円 (+)3,132円
1ヵ月半 209,224円 (+)9,224円
2カ月  205,202円 (+)5,202円
↓ここから毎月3000円の積立始めました。
2カ月半  214,259円 (+)11,259円

2日目に830円プラスになったときは、さすがに驚きました。これ億り人になれるんじゃ!?みたいな(笑)
その後、1週間で一時マイナスになったときは、初心者なのでドキドキ。さっそく解約しようか悩みました。

しかし、2~3日辛抱して待っているとみるみるうちに回復。プラスに転じました。意外と立て直しも早くて安心。日中は放置プレイで、仕事に集中できるので大変メリットがあります!

そして現在、2カ月半経ちました。
プラス11,259円と大きく増えていっています。




ひふみ投信とは

ここで簡単にひふみ投信とは何かを紹介しておきます。

ひふみ投信とはいわゆる投資信託といって、プロの投資家集団にお金を預けて資産運用をしてもらうサービスです。いくつもある投資信託の中でも成績(還元率)の高い投資信託がひふみ投信です。

ひふみ投信は、基本的には国内の成長企業を中心に投資をしています。そのため中長期的な資産形成を図りたい人に向いています。

また特徴としては、運用してもらうための費用が他の投資信託の中では高めです。
↓の表を見て頂ければ分かりますが、年 1.0584%です。他の投資信託と比較すると高めですが、その分好成績を上げているので簡単にペイできると考えています。

ひふみ投信とWealthNavi(ウェルスナビ)で口座開設に必要なもの

▼AIで資産運用をしてみたい方はこちら▼
>>「WealthNavi」で資産運用

ひふみ投信のチャートや基準価格

爆発的な勢いで上昇していますね。老後資金を余裕で生み出してくれる、そんな期待感がありますね。

参照「ひふみ投信基準価格チャート」

ひふみ投信はいくらから購入できるか

1,000円以上1円単位で購入できます。
私のように初めに一括でいくらかまとめて購入する方法もありますが、初心者の方には毎月3000円くらいの少額から積立投資する方が安心感はあると思います。

参照「ひふみ投信よくあるご質問」

ひふみ投信の投資先や銘柄

ひふみの投資先は主に国内の成長企業となっています。
銘柄を見て頂ければ、皆さんご存知の有名企業も名を連ねています。こういった点も初心者にとっては安心材料となります。
詳しくはひふみが出している毎月の運用レポートをご確認ください。

参照「ひふみ投信運用レポート」

ひふみ投信の買い方

ひふみ投信を購入する方法は大きく2パターンあります。
1つは、ひふみ投信に口座開設の申請をして、振り込みor積立(毎月引き落とし)で購入するパターンです。
もう1つは、既に他の証券口座をお持ちの方であれば、「ひふみプラス」を購入できます。

参照「ひふみの口座開設の案内」




「ひふみプラス」とは

既に証券口座をお持ちの方で、「ひふみプラス」の取り扱いがある証券会社であればすぐに購入できます。
取り扱う銘柄等はひふみと同じようですが、手数料や信託報酬の還元など微妙に違うようです。
※詳細は下記サイトをご確認ください。

参照「ひふみ投信と姉妹ファンド「ひふみプラス」、「ひふみ年金」の違いは何ですか?」

参照「ひふみプラスお取り扱い販売会社」

▼GMOクリック証券でも取り扱っています▼


「ひふみプラス」は楽天ポイントで買える

楽天証券口座であれば、楽天市場や楽天モバイルの利用、クレジットカードの支払いで貯まった楽天スーパーポイントで投資商品を購入することが出来ます。
少し買い物しすぎても、そのポイントで投資できると思うと罪悪感が薄れますね(笑)私ならポイント欲しさにもっと買い物してしまいますが。

▼楽天ポイントには意外と知らない貯め方もあるので、ぜひ一度参考にしてください。
投資が出来る楽天ポイントの意外な貯め方

参照「楽天証券」公式サイト

ひふみ投信の口座開設に必要なもの

口座開設はひふみ投信の公式サイトから行えます。
口座開設にあたって必要なものは3つで、1と2は写メを撮って画像をアップロードします。
大体30分くらいで口座開設の申請が完了です。
 1.マイナンバーカード
 2.身分証明書(今回は運転免許証をセレクト)
 3.出金用の口座

既にSBI証券や楽天証券の口座をお持ちの方は、ひふみ投信ではなく「ひふみプラス」でも良いと思います。

参照「ひふみ投信を運営するレオスキャピタルワークス」公式サイトはこちら

ひふみ投信のログイン方法

ひふみの公式サイト右上にログインボタンがあります。
そちらからログインしてくだしさい。下記にログインページへの直接リンクを貼っておきます。

参照「ひふみログインページ」

インデックス運用とアクティブ運用とは

ここで少し投資信託についての説明です。
投資信託には大きく2つの運用方法があります。インデックス運用とアクティブ運用です。

・インデックス運用とは
インデックス運用というのは、株式市場の相場の上下に合わせて銘柄を組み入れていく運用方法です。
大抵、年4~6%の利回りが期待できるそうで、どちらかというと堅実に資産を増やしていくことになります。

また、手数料がかなり安く、ノーロードと呼ばれる手数料無料のものもあります。というのも、ある程度相場の上下に合わせて自動的に銘柄の組み入れが出来ることから、運用コストが安く済むということです。

・アクティブ運用とは
こちらは相場の値動きを読んで、相場以上にプラスに、儲けがでるように運用する方法です。
プロの投資家集団がお金を預かって、運用するタイプになります。

もちろん人手が必要なので、運用コストも高くなります。その分、高い利回りを期待できます。
とはいえ、相場以上の利回りを出せる投資信託は少なく、結局インデックス運用が堅実かつコストも安くなると言われることが一般的です。

・ひふみ投信はアクティブ運用
そんな中、ひふみ投信はアクティブ運用で、相場よりも大きく利回りを出しています。
相場の上下よりも高い利回りを出せる数少ない投資信託の1つと言えます。




ひふみ投信のメリット

高い利回りと放置プレイできるところです。

・利回りについて
利回りについては、公開している成績を参考にしてください。
わずか1ヵ月で1.5%資産が増えました。大変驚きです。

・放置プレイ
これは投資信託全般に言えますが、一旦お金を預けるとその後特に確認せずとも、お金がお金を生み出してくれます。
日中は仕事で忙しい私のような会社員でも、家事や育児に忙しい主婦の方にも大変メリットがあると思います。なんせ放置できるのですから。

ひふみ投信のデメリット

手数料の高さと原本割れの可能性があります。

・手数料の高さ
年 1.0584%ということで、手数料無料のものやもっと他の投資信託に比べれば高いということになります。
ただ、手数料が高いか安いかは人によって感じ方が様々だと思います。そしてその手数料よりも高い利回りを出せるのであれば特に問題ないのかなと個人的には思っています。

・原本割れの可能性
これはある程度どの投資信託でも可能性としてはあります。
自分で株式投資するともっと高い可能性で、原本割れします。というか私は簡単に原本割れしました(笑)

ひふみ投信で投資を始めた理由

ネットやテレビで取り上げられていて気になった、釣られたということでしょうか(笑)
もともと株式投資や投資信託には興味があったのですが如何せん踏み出せずにいました。いわゆる「恐い」という感覚ですかね。

多数の口コミや記事を見たり、ひふみ投信のこれまでの評価額の推移を見ると大丈夫そうかな、と。

そして、ひふみ投信は国内の成長企業に投資しているということで、ただのサラリーマンの私でも知っている銘柄に投資されていたりして、安心感を得られたというのが決め手でした。




他のオススメの投資信託

まだ初心者なので、リサーチしているところです。

アクティブ運用で気になるのはセゾン投信の「資産形成の達人」、それからAIロボアドバイザーによる投資の「WealthNavi(ウェルスナビ)」です。結構成績良さそうです。

インデックス運用もやってみたいので、「全世界株式インデックス」とかは投資してみたいですね。

▼「セゾン資産形成の達人」で資産運用をしてみたい方はこちら▼
参照「セゾン資産形成の達人ファンド」

▼AIロボアドバイザーで資産運用をしてみたい方はこちら▼
>>「WealthNavi」で資産運用

これまでの投資経験

実は2017年、少し前に個人で証券口座を開設、個別銘柄の投資などやっていました。

特に知識もなく、テキトーに買ったり売ったりを繰り返していたために、即マイナス(笑)
しかも日中仕事をしているときも、株価のことが気になったりして、仕事にも悪影響だったのでやめてしまいました。

そんな私が少しずつ勉強した結果、プロにお任せしようかと思い、投資信託への投資を決意しました。
やはりその道のプロにお任せする方が気が楽です。もし個人で投資するにしても、ある程度知識を付けてからにしようと思います。

投資の勉強

これから投資のことや資産運用のこと、老後資産の形成について学びたい方にまずオススメがこちらの「はじめての人のための3000円投資生活」という書籍です。

65万部突破のベストセラーです。投資の仕組みや初心者の方向けに無理なく、恐怖心なく投資ができる方法や考え方を紹介されております。何か他の本を購入するときに、ついでに買えるくらい安いですし、丁寧に解説されているのでとても読みやすかったです。

この本を一通り読んで、実際に何か1つ投資してみるというのが良いのかなと思います。

>>アラサー会社員が3000円投資生活始めます。

★投資に興味がある方にオススメの一冊(ベストセラー書籍)★

はじめての人のための3000円投資生活 [ 横山光昭 ]

価格:1,188円
(2018/4/23 19:47時点)
感想(91件)

今後の投資計画

ひふみ投信には毎月お小遣いの中から積立をしていこうと思っています。
額は3,000円。元手資金と比べるとかなり少ないですが、ちりも積もればで、資産を増やしていこうと思っています。

あとは、インデックス運用や他のアクティブ運用「資産形成の達人」や「WealthNavi(ウェルスナビ)」も視野に入れています。

▼AIで資産運用をしてみたい方はこちら▼
>>「WealthNavi」で資産運用

【初心者向け】ひふみ投信で始める資産運用。利回りやメリット・デメリットなど” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。