パワハラ上司への復讐なんて時間の無駄、だけどどうしてもやりたいならグーパンチの前にこれ

 昔勤めていた大手IT企業の幹部社員は大体パワハラ系でした。案件の決裁権を武器に部下や下請けのベンダーを奴隷のように扱う人が多かったような気がします。特に社内の部下に対してはキツイ人が多かったです。課長が新人をうつになるまで追いつめて倒してしまうなんてことも身近な問題でした。そんなパワハラ上司たちに仕返ししたい気持ちがあるかもしれませんが、人生の貴重な時間をそんなことに向けることの方が無駄で、さっさと転職でもして人間関係整理した方が良いと個人的には思います。しかしながらどうしてもやりたいなら以下の方法がリスクが低くオススメです。

最近流行りのゲス不倫の証拠を押さえる

 大手IT企業でも幹部社員ともなれば年収1000万を超える人も多いのです。そしてバカな男はお金をもつと女性関係が緩くなります。飲み会の席で不倫相手の写メを見せてくる連中までいるのです。そういう証拠を押さえましょう。

会社のコンプライアンス違反を確認する

 パワハラなんかしている上司です。基本的に頭が悪いので、習慣的にルールを破りコンプライアンス違反を犯している可能性が高いです。ルールを整理し重大な問題を犯していないか確認してみましょう。

 特にお金・予算・会計に関わる不正は分かりやすいのではないでしょうか。ちなみにパワハラもコンプライアンス違反の対象ですが違反しても懲罰が比較的軽いので狙うなら重そうなやつで。