質と量の合わせ技でTOEICのPART5対策を実践する

どうも、たけし@アラサーのシステムエンジニアです。

数年ぶりにTOEICテストを受験することになりました。

というのも、転職した会社は結構なグローバル企業でして、英語力がマストなのです!

ブログ書いてばかりもいられません(笑)

でもTOEICのスコア伸びたからって時給上がらないよな、とか考えつつ、とりあえず、試験対策スタートです!

今回はREADINGの方のPART5対策。

PART6は基本捨ててます(ダメじゃん)

PART7に大量の時間をかけるためには、PART5をいかに速く正確に解けるかが重要。

こんなことは当たり前ですよね。

それで、今回試験対策用に選定に選定を重ねて、決めたのがこちらの教材!

ウワサの「出る1000」です!

著者はあのTEX加藤さん。

金のフレーズとかでお馴染みですよね。TOEIC試験対策始めたら、絶対に一度は目にする人です。

そんな人が監修した1000問。正確には1049問あるそうです。

全て解ける気がしない。と、諦めないでください。

ちなみにPART5の問題って、1問数十秒程度で答えていくはずなので、意外と時間はかかりませんよ?(強気)

と言うわけで、絶賛昨日から解いています。まだ32問(笑)

残り2カ月切ったけど、最低1周くらいはしたいな。

TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問 [ TEX加藤 ]

価格:2,484円
(2018/4/10 20:02時点)