Oracle非標準のブロックサイズの表領域

 デフォルトと異なるサイズの表領域の作り方を紹介します。なぜそんなことをするのか。それはテーブルによって、表領域によって最適なブロックサイズが異なるからです。
 
 一度の読み取りデータ量が少ないテーブルや表領域についてはブロックサイズが小さい方が読み取り効率が良いです。しかし一度の読み取りデータ量が多いテーブルや表領域についてはブロックサイズが大きい方が読み取り効率が良いです。

 こういった特性を理解し、マルチにブロックサイズを設定した方がよい場合に下記の手順で設定してください。

>>SQLが突然遅くなる原因と対応方法

>>ORACLEチューニング関連記事の一覧

1.マルチブロックサイズに対応するためのバッファキャッシュの設定

【例】デフォルト8KBで、16KBの表領域を作りたい場合
 デフォルト以外のサイズのブロックサイズのデータはそのままではバッファキャッシュにのせることができません。
 
 予め、バッファキャッシュ内にデフォルト以外のデータをのせる領域をバッファキャッシュ内に設定する必要があります。
 ALTER SYSTEM SET DB_16K_CACHE_SIZE = 10G;

2.表領域の作成

 ここでは新規表領域の作成をしています。既存領域内のオブジェクトを新規表領域内に移動させることでブロックサイズを変更することができます。
 create tableapace tsp1 datafile ‘/oracle/oradata/xxDB/data/tsp1.dbf’ size 512k blocksize 16k;

>>おすすめのORACLE参考書まとめ




★★★ブログ村ランキングに1票お願いします!もちろん無料です(笑)★★★
ブログランキング・にほんブログ村へ

【SQLでお困りの方にオススメ】
■SQLが遅くなる原因
・SQLが突然遅くなる原因と対応方法
・OracleSQLのレスポンスが遅い原因3つ
・JOINを使って表結合するとSQLが遅い!?
・SQLがパラレル実行されない原因

■SQLチューニングの基礎知識
・ORACLE SQLのヒントとは
・ORACLEのオプティマイザと実行計画について
・ORACLEのテーブルやインデックスの「統計情報」とは

■SQLチューニングの方法
・SELECT文のSQLチューニング方法
・OracleExadataでのSQLチューニング方法
・SLECT文が遅いときのインデックス作成によるチューニング方法
・INSERT文のSQLチューニング方法
・Update文が遅いときのチューニング方法
・Delete文が遅いときのチューニング方法
・IN句をEXISTS句に置き換えするチューニング方法
・OR句の置き換えによるチューニング方法
・IN句の置き換えによるチューニング方法
・テーブルアクセスフルスキャンを無くしてチューニングする方法
・SQLでGROUP BYが遅いときのチューニング方法
・SQLのソート処理が遅い場合のチューニング方法

■表や索引の断片化対策
・プロが教えるORACLEの表や索引の断片化解消の見積り方法
・ORACLE表の断片化を解消する3つの方法

■SQLのチューニングの補足情報
・ORACLE SQLヒントの書き方
・SQLに複数のヒントの書き方
・OracleSQLに実装すべき3つのSQLヒント
・ORACLE表の統計情報取得日の確認方法
・「統計情報が古い」とはどういうことか
・ORACLE表の統計情報の取得方法

【自己学習したい方にオススメ】
・自宅で勉強用にORACLEデータベースを無償でダウンロードし構築する方法
・OracleMasterGold12cに一ヵ月で合格した勉強方法
・OracleMasterExpertパフォーマンス&チューニングに一ヵ月で合格した勉強方法
・手に職がない人はIT業界へ、オススメ資格と勉強方法
・OracleDBのチューニング勉強方法
・OraclePL/SQL勉強方法