不幸中の幸い!?うつ病になったことで生まれた人生についての新しい考え方

 私は以前、うつ病と診断され休職した経験があります。
 うつ病になるまでの私はただただ、仕事を第一に優先し没頭していました。残業もサービス残業も厭わず、スキルアップや経験を積むことばかり考えていました。出世欲もありました。

これまでの当たり前が当たり前ではなくなる

 しかし病気を患い休職するとこれまで当たり前に出来ていたことが出来なくなります。色々なことを一旦諦めたりもします。そしてもう一度、自分にとっての仕事とは何か、人生にとって重要なことは何か、残りの人生で何を成しどう生きたいのかといったことを考え始めました。

人生において大事なものを見つける

 結果的に私は、出世よりも家族と過ごす時間や自分が楽しいと思える仕事を優先することに決めました。そうするとこれまで嫌々だけど出世のために我慢してやってきた仕事は受け取らないようになりました。

 上司にはハッキリNOを言うようになりましたし、自らどんな仕事がしたいのか希望するようにもなりました。そして新たに将来的なビジョンやキャリアパスも描けるようになりました。今の会社で働き続けることが全てではないこともこのときから考え始まました。

 ただこういった前向きな考えになるまで復職してから1年程度かかりました。それでも早いほうかもしれません。人により症状や重症度もバラバラだと思います。自分のペースで自分がありたい姿を描けることが大事なのかなと思います。

★★★ブログ村ランキングに1票お願いします!もちろん無料です(笑)★★★
ブログランキング・にほんブログ村へ