生きている間に妻にありがとうを伝えよう

どうも、アラサーのシステムエンジニアです。

この歳になって、最近ようやく妻のありがたみというか、主婦の大変さというかそんなものを少し分かってきたような気がします。

例えば、自分で掃除をしてみて掃除の大変さを知ったり↓
毎日掃除することが必要だということをアラサーで初めて知った

例えば、料理教室に通い始めて、料理の大変さや億劫さを知ったり↓
ABCクッキングの勧誘はしつこい?体験レッスン後に語る本当のところ

そんなこんなで色々と考えさせられることが増えてきた気がします。




その日は突然やってくる

つい先日、大杉漣さんが突然亡くなったニュースを見ました。

まだ60代でしたよね。人生100年時代と言えど、その日は突然に訪れたりします。

また、知人には30代でガンで奥さんが他界してしまった人もいます。

きっと、そういうことは他人事ではなく、身近なことなんだと思います。

共働きなのに家事を分担しない夫は時代遅れ、家事分担するべき3つの理由




感謝の気持ちを言葉に出して伝えよう

日々過ぎていく当たり前な日常が送れていること、そこに妻の助けがあることに本当に感謝しています。

うつ病になったときも、転職したときも、風邪ひいたときも助けてくれる妻。

感謝する、つまり頭で考えているだけではなく、言葉に出して伝えておこう、と思って、最近はよく「ありがとう」と言葉に出してます。

どれだけ言葉に出しても伝えきれないかもしれませんが、言わずに後悔することがないようにこれからも伝えていきたいと思います。

無口な方や恥ずかしいと思う方もいるかもしれませんが、死んでから後悔しないようにしてください。

母ちゃんはすごい、ありがとうと思えるときがきっと来る

★★★ブログ村ランキングに1票お願いします!もちろん無料です(笑)★★★
ブログランキング・にほんブログ村へ