OracleMasterExpertパフォーマンス&チューニングの資格のメリット

先日私は、OracleのExpert試験であるパフォーマンスチューニングに合格しました。
この認定試験に合格することのメリットを紹介します。

1.Oracle好きに自慢出来る

 試験内容は実際の負荷情報やレポートを読み取り解決策を選択するような内容でした。そのため実務経験がないと苦戦する試験となっております。

 Oracleの構築を得意とする方が受けることもありますが中々受かりません。構築だけでは性能問題は発生せず経験値が貯まらないからだと思います。

 そういった背景から難易度が高く、Oracle使いの人達には比較的、自慢ができる資格です。しかし一般の知名度はかなり低いです。私の上司も資格を知りませんでした。

2.パフォーマンスチューニングの方法を網羅的に学べる

 分析手法からレポートの見方、対応方法の考え方や実装の仕方まで網羅的に学ぶことが出来ます。そのため資格取得に向けた学習は実に有意義だと思います。SQLチューニングについては対象外なのでそこは別途学習が必要です。

3.一時金が出る

 私の会社は支給されませんが、会社によっては一時金という形で報奨金が支払われることもあるようです。ぜひ確認してみましょう。

>>おすすめのORACLE参考書まとめ





【SQLでお困りの方にオススメ】
■SQLが遅くなる原因
・SQLが突然遅くなる原因と対応方法
・OracleSQLのレスポンスが遅い原因3つ
・JOINを使って表結合するとSQLが遅い!?
・SQLがパラレル実行されない原因

■SQLチューニングの基礎知識
・ORACLE SQLのヒントとは
・ORACLEのオプティマイザと実行計画について
・ORACLEのテーブルやインデックスの「統計情報」とは

■SQLチューニングの方法
・SLECT文が遅いときのインデックス作成によるチューニング方法
・Update文が遅いときのチューニング方法
・Delete文が遅いときのチューニング方法
・IN句をEXISTS句に置き換えするチューニング方法
・OR句の置き換えによるチューニング方法
・IN句の置き換えによるチューニング方法
・テーブルアクセスフルスキャンを無くしてチューニングする方法
・SQLでGROUP BYが遅いときのチューニング方法
・SQLのソート処理が遅い場合のチューニング方法

■表や索引の断片化対策
・プロが教えるORACLEの表や索引の断片化解消の見積り方法
・ORACLE表の断片化を解消する3つの方法

■SQLのチューニングの補足情報
・ORACLE SQLヒントの書き方
・SQLに複数のヒントの書き方
・OracleSQLに実装すべき3つのSQLヒント
・ORACLE表の統計情報取得日の確認方法
・「統計情報が古い」とはどういうことか
・ORACLE表の統計情報の取得方法

【自己学習したい方にオススメ】
・自宅で勉強用にORACLEデータベースを無償でダウンロードし構築する方法
・OracleMasterGold12cに一ヵ月で合格した勉強方法
・OracleMasterExpertパフォーマンス&チューニングに一ヵ月で合格した勉強方法
・手に職がない人はIT業界へ、オススメ資格と勉強方法
・OracleDBのチューニング勉強方法
・OraclePL/SQL勉強方法