OracleMasterExpertパフォーマンス&チューニングの資格のメリット

先日私は、OracleのExpert試験であるパフォーマンスチューニングに合格しました。
この認定試験に合格することのメリットを紹介します。

1.Oracle好きに自慢出来る

 試験内容は実際の負荷情報やレポートを読み取り解決策を選択するような内容でした。そのため実務経験がないと苦戦する試験となっております。

 Oracleの構築を得意とする方が受けることもありますが中々受かりません。構築だけでは性能問題は発生せず経験値が貯まらないからだと思います。

 そういった背景から難易度が高く、Oracle使いの人達には比較的、自慢ができる資格です。しかし一般の知名度はかなり低いです。私の上司も資格を知りませんでした。

2.パフォーマンスチューニングの方法を網羅的に学べる

 分析手法からレポートの見方、対応方法の考え方や実装の仕方まで網羅的に学ぶことが出来ます。そのため資格取得に向けた学習は実に有意義だと思います。SQLチューニングについては対象外なのでそこは別途学習が必要です。

3.一時金が出る

 私の会社は支給されませんが、会社によっては一時金という形で報奨金が支払われることもあるようです。ぜひ確認してみましょう。