昔からサイコパスという人種は一定数存在したと思った訳

 最近、Amazonプライムで「笑ゥせぇるすまん」の配信が始まりました。子供の頃に見ていた記憶もあるもののどんな内容だったか覚えていなかったので見てみた。

喪黒福造とは?

 「心のスキマを埋める」ことが仕事と語る自称セールスマンの喪黒福造が、回ごとにターゲットを決め、不安や悩みを持った人を陥れていくというもの。ターゲットの性格や心理状況、行動パターンを観察し様々な手段で罠にはめていく。お金で人を雇って騙したり、酒を飲ませて酔ったところを狙うこともある。

必殺技は「ドゥーン!」という掛け声とともに人差し指で相手を指す。これによりターゲットの思考は破滅していく。

 破滅へと向かうターゲットを見て、喪黒福造は「ホーホッホッ」と笑いながら人生の教訓めいたものを語る。悪びれる様子もなく、自分の行いは正しいのだと言わんばかりに。

槙島聖護と同じサイコパス?

 そんな彼の姿を見ていると、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」に出てきた島聖護を思い出す。彼は人を観察し、コントロールし、犯罪を起こさせる。喪黒福造もターゲットを犯罪者にしてしまうことがある。両者は似ていると感じる。ということは、喪黒福造もまたサイコパスなのかもしれない。

 過去のアニメでも実はサイコパスな人種が存在している。しかも主人公で。実は昔から一定数、そういう人間はいるのだと思った。