転職するかしないかは内定もらってから決める、とりあえず転職活動を始めた方が良い3つの理由

 私は現在転職活動中です。実際転職活動を始めてみるといろいろな学びがあります。これは転職活動を考えていない人にもぜひオススメしたいと思います。その理由について書きたいと思います。

1.自分のこれまでのキャリアの棚卸し

 転職活動を始めるとすぐに、履歴書と職務経歴書が必要になります。履歴書にはこれまでの学歴や取得した資格を書きます。職務経歴書にはこれまで担当した業務やプロジェクト、その中での役割や習得したスキルについて書きます。

 そして「自己PR」ということで自分を売り込むための材料を整理する必要があります。このプロセスにより自分がこれまで築いてきたものを棚卸しすることができ、改めて自分の軌跡を振り返ることができます。

2.今後のキャリアの検討

 転職エージェントと面談すると、今後どうしていきたいかを詳しく聞かれます。これまで1つの会社の中だけでキャリア形成を考えていたときには叶えることが出来なかったキャリアを検討することも可能です。結局、その会社でどうしたいかではなく、自分がどうキャリアを考え、人生を謳歌していきたいかということが大事なのだと気づかされます。

3.キャリアアドバイザーからの客観的なアドバイス

 例えば、今置かれている状況からはどんなキャリアパスがあるのか、もしかするとあなたの強みはこんなところじゃないですか、など様々な視点からアドバイスを頂けます。そういった意見や自分の想いを整理していくといつの間にかキャリアの方向性が決まっていたりします。キャリアアドバイザーの方は良き相談相手となります。