ビジネスマン・会社員に資格は必要か不要か

どうも、アラサーのシステムエンジニアです。

会社で働いているビジネスマン、いわゆるサラリーマンの方にとって、そもそも資格は必要なものでしょうか。

あくまで私の個人的な意見としては必要だと思っています。

ちなみに私は国家試験である情報処理試験やOracleMasterと呼ばれるベンダー資格を保持していますし、これからIT業界に入ろうと思っている方にも資格取得をオススメしています。

未経験からIT業界へ就職・転職を目指す人が取るべき資格と勉強方法

必要だと思う理由

正直なところ、会社員として働くうえで絶対に取得しなければならない資格というのはほぼないと思います。

お医者さんや弁護士さんのように、資格がなければ従事することができないような仕事はまずないでしょう。

情報処理資格を持っていないとシステムエンジニアが出来ない訳でも、TOEICのスコアが高くないと外国人と話してはいけない訳でもありません。

そして、ずっと、一社の会社に確実に仕えていくが可能であれば、なくても良いと思います。

しかし、例えば、あなたの会社が倒産した、とか、キャリアアップやライフプランの見直しに伴って転職したいときなど、別の会社への転職が必要になった場合に資格は非常に有利に働きます。

有効求人倍率の見方とは?現在は転職に有利な時期・タイミング?

例えば、あなたがある会社の採用面接を受験したとします。

ちょうど同じ時期に、年齢もキャリアもほとんど同じ人が同じ会社を受験していたとします。

そんなとき、採用側は何をもって判断するでしょうか。

資格を持っているということは、世間一般的に”意欲的”だとか”向上心を持っている”という風に評価されることがあります。

私が採用する側だとすれば、ほぼ同じ条件の2人がいたとき、資格の有無に差があるのであれば、もちろん資格を持っている人を採用します。

自発的に自分のスキルを計画をもって向上させることが出来る人材だと判断します。

プロが教える就職や転職で役に立つIT資格一覧

さらに資格試験の学習において、メリットがあります。

それは体系的な知識の習得が可能ということです。

業務で必要な知識というのは、かなり断片的だったり、局所的な内容が多いです。

しかし資格試験の学習では、基礎知識から体系立てて学習することになりますし、習得することができます。

つまり、業務経験と資格試験での知識が合わさることで、その分野のきちんとした有識者となることができます。

このことから、私は資格が必要だと考えています。