老害エンジニアの間違った「おもてなしの心」とは

どうも、アラサーのシステムエンジニアです。

以前の職場でのことです。

情報システム部門の一番の長がこんなことを言っていました。

「俺たちはおもてなしの心をもってシステムを改修していくんだ」と。

この長が言いたかったことは何だったのでしょうか。

きっと、システムを利用する人に対し、きめ細やかな対応をしているんだ、ということだったのでしょう。

この長は自分たちの仕事に非常に誇りを持っていましたが、私には“いい仕事”には見えませんでした。

というのも、この「おもてなしの心」のせいでこの会社には2つの問題が起こっていました。

現場からの「使い方が分からない」や「これでは困る」の声

どうやらシステムの細かな仕様を決めていたのは一部の営業の長が中心のようでした。

よくある話ですが、どうも他の部門との連携や折り合いが悪く、他の部門がシステムの改修についていけませんでした。

あまりにも細かな改修をするもんだから、現場からは「使い方が分からない」と。

また他部門からはどうも仕様上の不具合が多く「これでは困る」という声が上がっていました。

これらを上手くフォロー出来ればよかったのでしょうが、上手くいかず。

ビジネス展開に暗雲

一つの場所で一つのシステムを運営していくだけならよかったのです。

しかし、いざこの独特なシステムを他の会社や他の工場に適応させたり、あるいはデータ連携をするとなったとき。

あまりにも複雑な作りになっていたために、ビジネス展開に暗雲が立ち込める事態に陥っていました。

良かれと思ってやっていたことが、会社の足を引っ張る結果になっていたのです。

しかし、それに気づく人は誰もいませんでした。

ただただ、このシステムは良く出来たシステムだから難しいんだと言っていました(笑)

最後に

「おもてなしの心」はとてもいい言葉だと思います。

しかし、ビジネスの場面では多角的に考えなければなりません。

単純に目の前の人に評価されることだけを考えた行動は「おもてなしの心」でもなんでもなく自己満足なだけの気がします。

【こちらもオススメ】
・ブラック企業大賞というものを知って思うこと
・働いてはいけない会社やブラック企業の特徴の面接での見分け方
・残業時間の自慢は最近の流行りじゃない
・休み明けに会社・仕事に行きたくないときの対処法
・「いつかはやらないといけない」が口癖なのは老害のはじまり
・17時から会議を始める老害たち
・仕事のできない課長・マネージャーの特徴
・キングファイルを頭に乗せて運ぶ課長は嫌いだ
・「異論があるなら社長になれ」という部長は名ばかり管理職で老害
・虫のような声を出す課長を好きになれない理由
・「上司との距離が近い」はいいことばかりではない
・酒の席でゴルフの話を延々と繰り返す上司は好きになれない
・1日5分のショートミーティングで、毎月恒例3時間の進捗確認会は排除できる
・「業務に直接関係のないこと以外はやるな」は正しいか
・夕方に、定時内に終わりそうにない仕事を振られたときの対応方法
・パワハラ上司への復讐なんて時間の無駄、だけどどうしてもやりたいならグーパンチの前にこれ
・社内に優秀なSEを集めればコストカットになる
・「パソコンが使える」はそんなに高いハードルではない理由
・就職・転職フェアやセミナーには一次面接のつもりで行くべき理由