アラサー会社員が課長昇格を目指して英検5級から始めてTOEIC600点を取った話

 私は20代後半の頃に英検5級を受験したことがあります。もちろん結果は合格です。英検5級は、英検の中でも一番低いクラスになります。受験生は小学生低学年の子ばかりです。実際に試験会場では、小学生の受験生に混ざり受験しました。正直、このときばかりは恥ずかしいという気持ちでいっぱいになりました。

英検5級を目指した理由

 なぜ私が20代後半で英検5級を受験したかというと、英語力強化の一環です。当時TOEICのスコアが300点程度しかありませんでした。企業内で管理職になるには最低600点必要でした。そんなとき私は英語の基礎力を向上させるにはこれだ!と一念発起し英検の教材で勉強しようと思いました。勉強ついでに順々に受験・合格していこうと考えました。

その後の勉強

 勉強は順調に進み、受験、そして合格しました。その後も4級、3級、2級くらいまで勉強を続けました。このあたりでTOEICの勉強に切り替え、単語と文法対策を行いました。その後は公式問題集を繰り返しシャドーイングしました。公式問題集を解き始めて2カ月くらいでTOEIC600点を達成することが出来ました。

 ちなみに英検4級以降は受験していません。恥ずかしさには勝てませんでした。