もう飲み会には行かない、うつ病になった会社員の新たな決意

 私はうつ病で休職し復職してから、会社の飲み会にはほとんど参加しなくなりました。これまでは当たり前のように何も考えず参加していました。

 しかし病気を患ってから、医者からアルコールは控えめにするように言われ、家でもお酒を飲むことは減りました。そんな中、会社の飲み会に行くことの意義について考えるようになりました。

【飲み会のメリット】

 ・これまで関わったことのない人と知り合いになれる
  プロジェクト単位で行動するので、同じ部署でもほとんど関わったことのない人がいることもあります。
  
  そんなとき飲み会で同じテーブルになると知り合いになることがあります。その後、プロジェクトで一緒になったりすると関係を構築する時間が少なくて済みます。

 ・愚痴やストレスを発散できることがある
  同じような仕事をやっている人が多いので、悩むところも一緒です。それらを吐き出しストレスを発散することが出来ます。

 ・偉い人に近づくことができる
  会社の飲み会には決まって幹部社員が来ます。その人達と仲良くすることでこれからの会社生活を有利に進めることもできます。飲み会の場で希望したことが通ることもあります。普段関わることがない幹部社員と関わることも可能です。



【飲み会のデメリット】

 ・コストパフォーマンスが悪い
  大体1回あたり費用は3000円~5000円で、2~3時間あります。同じだけお金と時間をかければ他にいくつだって割の良い投資先はあります。

  社外のコミュニティやセミナーに参加することも本を買うことも、誰かのメルマガ会員になり情報を収集することも。社内の人間とのリレーション構築に閉じた投資にしては若干コスパが悪い気がしました。

 ・飲み会以外でリレーションは構築できる
  飲み会に参加しなくてもプロジェクトは上手くいきますし、自らの働きかけにより上司とのコミュニケーションも上手くいきます。

  飲み会だけで得られるものというのは、ほとんど無いのかもしれません。

最後に

 結局、私は飲み会に行かなくなりました。そのお金と時間で違うことに投資するようにしています。

★★★ブログ村ランキングに1票お願いします!もちろん無料です(笑)★★★
ブログランキング・にほんブログ村へ