テレワークって本当に万人に必要なものなのだろうか

 私が以前勤めていた企業では働き方改革の名の下に、全従業員を対象としてテレワークを推進しようとしていました。まぁきっと、大半の人間が使うことなく終わる社風だったのであまり気にしていませんでしたが。

というのも、IT系の企業で客先に常駐することが多い仕事でした。客先で取り扱う情報セキュリティの観点から常駐することが多いので、まずは客がテレワークが可能にならなければ無理なのです。

 そもそも万人にテレワークが必要なのでしょうか。例えば在宅介護や子育て中の方には便利だと思います。しかしそれらの必要のないただの会社員にテレワークが必要かというとどうなのでしょうか。

通勤時の混雑を解消するためにもう少しフレックス勤務を柔軟にするくらいで事足りるのではないかと考えてしまいます。まぁ本当にみんながテレワークをすればもっと仕事をサボれる人が出てきてしまうのでしょうし、それこそ待遇に納得性が欠けていったり負の面が露出するのではなんて思います。