就職・転職の面接当日にやるべきこと

私が就職や転職の面接当日に実際に行ったことを紹介します。

いくつかは験担ぎのようなものもありますが、参考にしてください。

靴の汚れを確認

前日に靴はピカピカに磨いておきましょう

当日、不運にも汚れていないか、面接前に確認し、ピカピカの状態を保ったまま面接に臨めるようにしましょう。

昼食はほどほどに

面接時にお腹が満腹になっていると眠気があり、最大限の力を発揮できません。

頭の回転も落ち、質疑応答が不十分な結果となります。

面接当日は昼食をほどほどにして、少しお腹が空いているくらいの状態で臨みましょう!

髭剃りを持参

転職の面接などは定時後に実施されることも多いです。

そんなとき、一日仕事をして髭の伸びた疲れた状態で受験するのは控えたいところですね。

髭剃りを持参し、面接会場の最寄り駅かどこかで剃っておきましょう。

ニュースをチェック

特に、面接を受ける会社やその業界についてトピックがないか確認しておきましょう。

面接の中で話題になる可能性もあります。

こちらから話題に出来ると、臨機応変さというかコミュニケーション能力をアピールできるかと思います。

30分前には会場に到着

30分から1時間前には会場に到着するようにしましょう。

というのも、不慮の事故や天災によって交通機関が乱れることもあります。

実際に私が面接に臨んだ日も電車が一時間遅れになっていることがありました。

あと1本電車に乗るのが遅ければ、面接時間に間に合わなかったでしょう。

そうなるとあまり印象の良い状態にはならないでしょう。

最後に

当日は、これまで準備してきたことをきちんとアピールするために、念には念を押すつもりで臨みましょう。

【こちらもオススメ】
・ブラック企業大賞というものを知って思うこと
・働いてはいけない会社やブラック企業の特徴の面接での見分け方
・残業時間の自慢は最近の流行りじゃない
・休み明けに会社・仕事に行きたくないときの対処法
・「いつかはやらないといけない」が口癖なのは老害のはじまり
・17時から会議を始める老害たち
・仕事のできない課長・マネージャーの特徴
・キングファイルを頭に乗せて運ぶ課長は嫌いだ
・「異論があるなら社長になれ」という部長は名ばかり管理職で老害
・虫のような声を出す課長を好きになれない理由
・「上司との距離が近い」はいいことばかりではない
・酒の席でゴルフの話を延々と繰り返す上司は好きになれない
・1日5分のショートミーティングで、毎月恒例3時間の進捗確認会は排除できる
・「業務に直接関係のないこと以外はやるな」は正しいか
・夕方に、定時内に終わりそうにない仕事を振られたときの対応方法
・パワハラ上司への復讐なんて時間の無駄、だけどどうしてもやりたいならグーパンチの前にこれ
・社内に優秀なSEを集めればコストカットになる
・「パソコンが使える」はそんなに高いハードルではない理由
・就職・転職フェアやセミナーには一次面接のつもりで行くべき理由