就職・転職の面接前日にやるべきこと

私が就職や転職の面接前日に実際に行ったことを紹介します。

いくつかは験担ぎのようなものもありますが、参考にしてください。

神社にお参り

前日ということで既にやれることは大体やったと思います。

後は気持ちをある程度落ち着ける必要があります。そこで儀式的に神社にお参りし、気持ちを落ち着けます。

昼食はカツカレー

一旦落ち着かせた気持ちを少し奮い立たせる意味で、カツカレーを食べます。

やはり「勝つ!」という気持ちが大事ですね。誰かと殴り合いの試合をするわけではありませんが強い気持ちは伝わるものです。

靴磨き

やはり第一印象は重要です。

清潔できちんとした姿で臨みたいものです。
スーツはクリーニングにだし、靴は前日にピカピカに磨きましょう。

靴がピカピカだからといって仕事が出来る人という訳ではありませんが、30分~1時間の面接という場面において「見た目の印象」は重要な評価項目となります。

重要な評価項目を取りこぼしなく点数を稼いでいきましょう。

そういった配慮や心意気が評価されるのだと思います。

面接練習

面接前日の夜は、一人で大体1時間から2時間程度、面接練習をします。

内容は志望動機や自己PRなど、基本的な項目を自信をもって簡潔に大きな声ではきはきと言えるように仕上げます。

準備をきちんとし、積み上げてきたものから滲み出る、自信というのは面接官にも伝わるものです。

それがアピールポイントとなります。

最後に

前日はジンクスや験担ぎのようなものが多いですが、冷静にかつ情熱的に、最大限に自分をアピールするための準備時間だと考えましょう。

【こちらもオススメ】
・ブラック企業大賞というものを知って思うこと
・働いてはいけない会社やブラック企業の特徴の面接での見分け方
・残業時間の自慢は最近の流行りじゃない
・休み明けに会社・仕事に行きたくないときの対処法
・「いつかはやらないといけない」が口癖なのは老害のはじまり
・17時から会議を始める老害たち
・仕事のできない課長・マネージャーの特徴
・キングファイルを頭に乗せて運ぶ課長は嫌いだ
・「異論があるなら社長になれ」という部長は名ばかり管理職で老害
・虫のような声を出す課長を好きになれない理由
・「上司との距離が近い」はいいことばかりではない
・酒の席でゴルフの話を延々と繰り返す上司は好きになれない
・1日5分のショートミーティングで、毎月恒例3時間の進捗確認会は排除できる
・「業務に直接関係のないこと以外はやるな」は正しいか
・夕方に、定時内に終わりそうにない仕事を振られたときの対応方法
・パワハラ上司への復讐なんて時間の無駄、だけどどうしてもやりたいならグーパンチの前にこれ
・社内に優秀なSEを集めればコストカットになる
・「パソコンが使える」はそんなに高いハードルではない理由
・就職・転職フェアやセミナーには一次面接のつもりで行くべき理由