就職・転職フェアやセミナーには一次面接のつもりで行くべき理由

みなさんは就職や転職のフェアやセミナーの類に参加したことがあるでしょうか。

私が最近参加したのは転職フェアです。

ある有名なビルのワンフロアを転職サイト運営をしている企業が貸し切り
中小企業から大手企業までが企業紹介用のブースを出展しているものでした。

もちろん、転職フェアのサイトにはこう書かれています。
「応募前の企業紹介」や「人事の方とのカジュアルな面談」、「服装自由」と。

しかし、これを文字通り受け取ってはいけません。

転職フェアのブースを構えているのはもちろんその企業の人事の方です。
採用に関わる方なのです。

そして転職フェアではブースに着くなりセミナーのエントリーシートを提出します。
このエントリーシートというのは、ほぼ履歴書です。最早、この時点で選考可能なのです。

では、ブースに座る人事の方からどのような話が聞けるでしょうか。

もちろんここでも素直に「企業の紹介を聞きに行こう」と考えることでしょう。
受け身で行っては失敗します。

出展企業のブースに行ったときから既に面接は始まっているも同然なのです!

出店企業のブースの対面には、その企業の人材採用担当が座っているのです。
ここでは企業の紹介がされて、以上、ハイ終わりとはいきません。

企業の方から質問されることがあります。

例えば「なぜうちに興味を持たれたんですか」とか「今はどういうお仕事をされているんですか」とか。
口調が違えど、通常の一次面接と同じように質問されます。
そしてきっちり評価されています。

企業によってはガチガチに面接っぽく質問してくる企業もあります。

そんなとき無防備で転職フェアに臨んでいれば一瞬でノックアウトです。
そこでノックアウトされればきっと応募しても担当者が同じ場合、通過は難しいのではないでしょうか。

ということで、転職フェアで希望の会社がある場合は一次面接と同じ準備をして、後悔しないようにしてください!

あくまでこれは私の限られた体験談ですので全ての企業や全ての転職フェアがそうというわけではありません。

しかし、準備だけは常にしておいて損はないでしょう。

【こちらもオススメ】
・ブラック企業大賞というものを知って思うこと
・働いてはいけない会社やブラック企業の特徴の面接での見分け方
・残業時間の自慢は最近の流行りじゃない
・休み明けに会社・仕事に行きたくないときの対処法
・「いつかはやらないといけない」が口癖なのは老害のはじまり
・17時から会議を始める老害たち
・仕事のできない課長・マネージャーの特徴
・キングファイルを頭に乗せて運ぶ課長は嫌いだ
・「異論があるなら社長になれ」という部長は名ばかり管理職で老害
・虫のような声を出す課長を好きになれない理由
・「上司との距離が近い」はいいことばかりではない
・酒の席でゴルフの話を延々と繰り返す上司は好きになれない
・1日5分のショートミーティングで、毎月恒例3時間の進捗確認会は排除できる
・「業務に直接関係のないこと以外はやるな」は正しいか
・夕方に、定時内に終わりそうにない仕事を振られたときの対応方法
・パワハラ上司への復讐なんて時間の無駄、だけどどうしてもやりたいならグーパンチの前にこれ
・社内に優秀なSEを集めればコストカットになる
・「パソコンが使える」はそんなに高いハードルではない理由
・就職・転職フェアやセミナーには一次面接のつもりで行くべき理由