どうしても馴染めない「ウインテン」

最近、社内でどうしても馴染めない単語が横行している。

そうそれが「ウインテン」

富士通テンでもありません。

デンソーテンでもありません。

ウイイレ10でもありません。

ウインテン。正体はWindows10。

社内で利用されているパソコンのWindowsをようやくXPから10に切り替えしようということで社内で話題のワードとなっています。

いわゆるバズワードですね。

ただどうにも馴染めない。せめて、百歩譲ってウィンテンじゃない?とかどうでもいいことを考えてしまう。

でもなんだろう、どうにもこうにもウインテンが社内公用語になってしまっている。

いや、でもベンダーや社外の人、あんまりその呼び方してないから恥ずかしいんだけど。。

だがここで、一人だけ呼び方を変えたとしたらどうだろう。
きっと社内ぼっちが加速してしまう。それはもはやフェラーリ並みの加速をしてしまう。

いやはや私はWindows10を一体何と呼べばいいのだろうか。
そんなことばかり、電車の中で考えてしまう。

ここはイチかバチかウインドウテンという誰も使わないワードを使って目立つというのも一つ。
しかし、現状そんなことをすれば自爆と同じ。

あいつやっぱりちょっと違うよね。的な。
勘違いしてるよね。的な反応をくらう。

ここは自分の信念を曲げてウインテンとするしかないのだろうか。

悩む。

しかし、ふと気づく。
こんな悩みは私にとって全く必要のない悩みだということに。

なぜなら私は会社でぼっちだから。
Windows10に切り替える話題ですら、会話することはないから。。。

【こちらもオススメ】
・ブラック企業大賞というものを知って思うこと
・働いてはいけない会社やブラック企業の特徴の面接での見分け方
・残業時間の自慢は最近の流行りじゃない
・休み明けに会社・仕事に行きたくないときの対処法
・「いつかはやらないといけない」が口癖なのは老害のはじまり
・17時から会議を始める老害たち
・仕事のできない課長・マネージャーの特徴
・キングファイルを頭に乗せて運ぶ課長は嫌いだ
・「異論があるなら社長になれ」という部長は名ばかり管理職で老害
・虫のような声を出す課長を好きになれない理由
・「上司との距離が近い」はいいことばかりではない
・酒の席でゴルフの話を延々と繰り返す上司は好きになれない
・1日5分のショートミーティングで、毎月恒例3時間の進捗確認会は排除できる
・「業務に直接関係のないこと以外はやるな」は正しいか
・夕方に、定時内に終わりそうにない仕事を振られたときの対応方法
・パワハラ上司への復讐なんて時間の無駄、だけどどうしてもやりたいならグーパンチの前にこれ
・社内に優秀なSEを集めればコストカットになる
・「パソコンが使える」はそんなに高いハードルではない理由
・就職・転職フェアやセミナーには一次面接のつもりで行くべき理由