残業時間の自慢は最近の流行りじゃない

つい最近、社内SEに新たなメンバーが加わりました。

前職はソフト開発をしていた若い人で、見た目はどこにでもいる普通の感じのプログラマ。

そんな彼が話しているのを聞いていた。

どうやら仕事の納期について先輩社員と会話をしていた。

彼「これまで仕事は土日かけてでも終わらせるって感じの世界で働いてたんで(キラーン★)」

という一言が聞こえてきた。

なんだろう、なんだかむず痒い。

俺めちゃめちゃ働いても倒れないんで!自慢なのか、
みんなとは住む世界違ったんで的な感覚なのだろうか。

確かにベンダーにいるとそういうことはよくある話。
私はどちらかというと本当に嬉しくなかった。

しかしそれも数年前の話。
今現在でいうと大手はどこもコンプライアンス遵守に躍起になっているし、働き方改革効果でどこも残業時間を抑えている。
残業時間を抑えることが良い会社のステータスともなっている節がある。

そういう状況下において、残業自慢することは自慢できることなのだろうか。

自分は世間の水準に追いつけていないブラックでダメな企業に勤めていました、
つまり私はそんな会社しか居場所がない能力のない人間でしたと自分で言っているようなものなのではないだろうか。

自分を蔑んで笑いを取りたかったのだろうか。ただ、基本的にこの手のネタで笑う人はあまりいない。

ということはただ単に会話のネタがなかったのだろうか。

確かに、他の会話も聞いていると、誰もやっていないようなスマホゲームの魅力を一生懸命に説明していた。
なんか可哀そうになってくる。

人生もう少し楽しいことあるんじゃ・・・
若いんだし。

ということで、彼と何か話す機会があれば優しくしようと思う。

ただ、私はぼっち族なので話す機会は当分ないと思うけど・・・

【こちらもオススメ】
・ブラック企業大賞というものを知って思うこと
・働いてはいけない会社やブラック企業の特徴の面接での見分け方
・残業時間の自慢は最近の流行りじゃない
・休み明けに会社・仕事に行きたくないときの対処法
・「いつかはやらないといけない」が口癖なのは老害のはじまり
・17時から会議を始める老害たち
・仕事のできない課長・マネージャーの特徴
・キングファイルを頭に乗せて運ぶ課長は嫌いだ
・「異論があるなら社長になれ」という部長は名ばかり管理職で老害
・虫のような声を出す課長を好きになれない理由
・「上司との距離が近い」はいいことばかりではない
・酒の席でゴルフの話を延々と繰り返す上司は好きになれない
・1日5分のショートミーティングで、毎月恒例3時間の進捗確認会は排除できる
・「業務に直接関係のないこと以外はやるな」は正しいか
・夕方に、定時内に終わりそうにない仕事を振られたときの対応方法
・パワハラ上司への復讐なんて時間の無駄、だけどどうしてもやりたいならグーパンチの前にこれ
・社内に優秀なSEを集めればコストカットになる
・「パソコンが使える」はそんなに高いハードルではない理由
・就職・転職フェアやセミナーには一次面接のつもりで行くべき理由