VB.NETで入力データの桁数チェック処理を実装してみた

グレープシティの部品などを使っていない開発環境では、画面の入力情報のチェック処理を自分で組み込む必要があります。

ということで、作ってみました。

テキストボックスからフォーカスが外れたタイミングでチェックできるようにValidatingに記述。

空白かどうかチェックした後、Lengthで判定してみました。
これがスタンダードなやり方なのか定かではありません(笑)

‘入力データの桁数チェック
Private Sub TextBox1_Validating(ByVal sender As Object
                  , ByVal e As System .ComponentModel.CancelEventArgs
                  ) Handles TextBox1.Validating

    If TextBox1.Text <> “” Then

        If TextBox1.Text.Length <> 10 Then
            e.Cancel = True
            MessageBox.Show(“10桁で入力してください。”
                     , “エラー”
                     , MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Error)
        End If

    End If

End Sub





■VBでの実装方法
・VB.NETでテキストボックスの必須入力チェック処理を実装してみた
・VB.NETでデータベースから取得した値がNULLかどうか確認する方法
・VB.NETで入力データの桁数チェック処理を実装してみた
・VB.NETで入力データの数値入力チェック処理を実装してみた
・VB.NETで入力データの必須入力チェック処理を実装してみた
・プロが教えるVB.NET、SPREADでSPREADデザイナが開かないときの対処法
・プロが教えるVB.NETでExcelのシート削除ができないときの対処法

■自己学習したい方へオススメ
・手に職がない人はIT業界へ、オススメ資格と勉強方法
・初心者向けSQL基本構文の学習入門講座
・JAVAを始める前にやるべきプログラミング言語
・初心者にオススメの一番簡単なプログラミング言語