VB.NETで入力データの必須入力チェック処理を実装してみた

グレープシティの部品などを使っていない開発環境では、画面の入力情報のチェック処理を自分で組み込む必要があります。

ということで、作ってみました。

TextBox1のText項目が””かどうかでチェック。念のためTrimしておきます。
さらに、項目が入力されていない場合は、テキストボックスの背景色をオレンジに変えてみることにしました。
これで一目で入力漏れの項目が分かります。

もし値が入力されている場合はホワイトにします。
これで一度エラーになった後、値を入力して再度チェック処理が実行された場合に背景色が元の色に戻ります。

‘入力データの必須チェック
Private Function chk() As Boolean

  Dim chkFlg As Boolean = True

  If Trim(TextBox1.Text) = “” Then
    chkFlg = False
    TextBox1.BackColor = Color.Orange
  Else
    TextBox1.BackColor = Color.White
  End If

  Return chkFlg

End Function




★★★ブログ村ランキングに1票お願いします!もちろん無料です(笑)★★★
ブログランキング・にほんブログ村へ

■VBでの実装方法
・VB.NETでテキストボックスの必須入力チェック処理を実装してみた
・VB.NETでデータベースから取得した値がNULLかどうか確認する方法
・VB.NETで入力データの桁数チェック処理を実装してみた
・VB.NETで入力データの数値入力チェック処理を実装してみた
・VB.NETで入力データの必須入力チェック処理を実装してみた
・プロが教えるVB.NET、SPREADでSPREADデザイナが開かないときの対処法
・プロが教えるVB.NETでExcelのシート削除ができないときの対処法

■自己学習したい方へオススメ
・手に職がない人はIT業界へ、オススメ資格と勉強方法
・初心者向けSQL基本構文の学習入門講座
・JAVAを始める前にやるべきプログラミング言語
・初心者にオススメの一番簡単なプログラミング言語