産業医に話したことは会社に筒抜けという事実

どうも、こんばんは。

転職して数ヵ月、どうも体調が悪く、何度か産業医の方とお話する機会がありました。

産業医の方曰く、環境変化のストレスから適応障害を起こしている可能性があるということでした。

基本的には本人の意思と主治医の先生の判断に委ね、それを支援すると仰っていました。

が、話す度に、支援するというより、自分の腕の見せ所と言わんばかりに色々と提案してくれます。
そして主治医の先生と連絡をとり医療情報を開示してほしいと、そして職場と医療の間に入り、改善を図るための支援をしてくださるという素晴らしい提案。

しかし、何とも腑に落ちない点が一つありました。
どうも産業医の方にお話しした内容を全て人事の方が知っていたということ。
正直、知られたくないことも含めて人事の方に知られていました。

後で知ったのですが、産業医は本人の意思に関係なく、「労働者に健康上の問題があることを知ったときには、事業者にこれを指摘・報告する義務も負っている。」ということらしく、全てきちんと事業主(ここでは人事)に報告されておりました。

面倒なのが、あくまで産業医と私との間で今後どうするか話会っていた内容について人事の方から
「あの件、どうしていくつもりですか」
「会社を辞めるかもしれないんですか」
なんて聞かれました。こうなると話は進めづらい。

そして何かまるで、会社とグルになって、会社の利益がある選択を取ろうとしているようにしか見えません。
確かに、産業医は私からお金をもらっている訳ではなありません。あくまで会社からお金をもらっているので、会社側の見方をするのは至極当然、ビジネスですからね。ボランティアじゃありませんよ。

ということで、使えるものは使っとけ!と思いますが使い方は十分考えるべきですね。
会社、産業医、上手く付き合っていかなければなりませんね。


【こちらもオススメ】
・ブラック企業大賞というものを知って思うこと
・働いてはいけない会社やブラック企業の特徴の面接での見分け方
・残業時間の自慢は最近の流行りじゃない
・休み明けに会社・仕事に行きたくないときの対処法
・「いつかはやらないといけない」が口癖なのは老害のはじまり
・17時から会議を始める老害たち
・仕事のできない課長・マネージャーの特徴
・キングファイルを頭に乗せて運ぶ課長は嫌いだ
・「異論があるなら社長になれ」という部長は名ばかり管理職で老害
・虫のような声を出す課長を好きになれない理由
・「上司との距離が近い」はいいことばかりではない
・酒の席でゴルフの話を延々と繰り返す上司は好きになれない
・1日5分のショートミーティングで、毎月恒例3時間の進捗確認会は排除できる
・「業務に直接関係のないこと以外はやるな」は正しいか
・夕方に、定時内に終わりそうにない仕事を振られたときの対応方法
・パワハラ上司への復讐なんて時間の無駄、だけどどうしてもやりたいならグーパンチの前にこれ
・社内に優秀なSEを集めればコストカットになる
・「パソコンが使える」はそんなに高いハードルではない理由
・就職・転職フェアやセミナーには一次面接のつもりで行くべき理由