上司「俺ならすぐヤッちゃうよ」社会人ぼっちSEの私「っ!?」

大手ITベンダーから社内SEに転職して4カ月目。

会社の文化の違いには色々と驚かされます。

先日、新規のシステム開発を任されました。
といっても数画面の小規模開発。そのため要件決めから開発・テストまでを全て独りでやっていきます。

チームでやる仕事がここにはないのだろうか。社内ぼっち化が加速していきます。

そしてどうも、何をするにもこの会社のやり方に合わせてほしいということを前提に話が進みます。

もちろんITベンダーでシステム開発と言えば、要件定義書を作成し、設計書を作り、プログラミング、テストといった具合に標準的な開発のプロセスがあって、そのルールに沿って開発をしていきます。

しかしここ社内SEは無法地帯のようなものでルールは何一つないようです。
ただ上司の口癖は「うちのやり方に合わせてほしい」。

やり方が決まってないのに合わせてほしいという矛盾。

ということで進め方について課長、部長に質問してみました。

部長「君の好きにやってもらって構わない。設計書作ってもいいし作らなくてもいい」

もはやプログラムが出来れば何でもいいといった状態。大丈夫かここ。ヤバいところに来てしまったよ。

すると今度は課長が、、、

課長「俺ならすぐヤッちゃうよ」

私「どの顔でそんなイケメンみたいなこと言ってんだよ。
 お前は一生素人童貞だよ。そんなタラちゃんカットの50近いオッサンが言うセリフじゃないよ。
 てかもう少し言葉選べよ。バカ」
と心の中で思いました。

きっと直訳すると「その規模なら設計書は作成せず、プログラムを作成し、実際に動くものをユーザに渡してカスタマイズしていく」という意味なんだろうと思う。

なんというか、課長、非常に頭悪いよ。バカさがにじみ出てるよ。

やっぱりヤバいところにきたのかな。

続く。

★★★ブログ村ランキングに1票お願いします!もちろん無料です(笑)★★★
ブログランキング・にほんブログ村へ