先輩「少し覗いていいですか?」社会人ぼっちSEの私「ドキッ!?」

大手ITベンダーから社内SEに転職して4カ月目。

会社の文化の違いには色々と驚かされます。

先日、先輩社員に一本の電話が入ってきました。

どうやら営業の担当者らしい。
使っているパソコンの動作がおかしいらしく、何やら質問に対応していた。

私も聴き耳を立てることでもないので気にせず、自分の仕事に取り組んでいた、次の瞬間!

先輩「少し覗いていいですか?」

私「えっ!?」
私も一端の成人男性である以上、否応なく想像を働かせてしまう。

何を、誰が、どうやって、覗くのか。非常に興味がある。
ましてや誰もが仕事に勤しむこの職場で、もはや公然わいせつだよ、あんた。

私はそんな淫行断じて許さない。私の正義が許さない。
とか勝手に思いながら、ふと見ると、、、

どうやら営業の人のパソコンにリモートデスクトップ接続で画面を共有していただけだった。
一安心。これで先輩も捕まることはないだろう。

どうやらこの職場では、リモートデスクトップ接続で画面を共有することを「覗く」というらしい。
誰がこんないやらしい呼び方にしたのか、定かではないが、きっとエロオヤジ風な部長なんだろう。

今日もどこかしらで

「覗かせてください」

「覗きますよ」

「見せてください」

と声が聞こえる。

その度に私は、どんだけ「見たいんだよ」というツッコミを心の中でしている。

きっとこれからも。

続く。