上司「チッ!あ~面倒くせぇなぁ!」、社内ぼっちの私「っ!?」

転職して4カ月目、黙々と仕事をこなす私。

同僚や上司との1日の平均会話時間3分。
楽天モバイルでも通話無料サービスは5分までと制約がありますが、余裕で1日の会話が終わります。

昨日も黙々とプログラミング。

そして相変わらず黙々とプログラミングしてました。

すると上司が「チッ!あ~面倒くせぇなぁ!」

私「っ!?」
最近、発言は控えているはず。面倒くさいことなんて言っていない。
むしろ私は上司と会話するとき「はい、そうですね」を繰り返し、問題回避を図っている。

少し本質的な改善ではないが、事なかれ主義、そして日本古来の会社でやっていくには
昔ながらのイエスマンが生き残っていくのだと最近学んだ。

そんな私に向かって、一体何が面倒くさいのか!?
ふと上司を見ると、私ではなく、パソコンの画面に向かって言っていた。

「もしかしてパソコンと会話でも出来るようになったんですか!?
 パソコンさんは何て言ってるんですか?言うこと聞いてくれないんですか?
 それはきっとパソコンさんが悪いんじゃなくてあなたが無能なんじゃ?」
と言いたくなった言葉を留め、静かに様子を伺う。

どうやら、さらに上の人からの指示で、グループのメンバーが担当している作業をEXCELに転記しているらしい。
うーん、何が面倒なのか正直分からない。
というかこの人は管理職なので、管理するのが仕事。もはやそれが本業なのでは?と思ってしまう。

しかし、現状はメンバーの仕事はほとんど把握しておらず、上司も横並びで担当レベルとしてプログラムを修正している。
まぁ中小規模の会社の管理職なんてこんなものなのかもしれないと心の中で呟く。

きっとこれから少しずつ上からの要求で管理業務がこの人に渡されるのだろう。
それでもこの人は管理業務が本来自分の仕事の一環であることを理解せず、やらされ作業としてやっていくのだろうな。

こういうときはとりあえず傍観するに限る。
きっとロクなマネジメントはされないだろうけど。。

【こちらもオススメ】
・ブラック企業大賞というものを知って思うこと
・働いてはいけない会社やブラック企業の特徴の面接での見分け方
・残業時間の自慢は最近の流行りじゃない
・休み明けに会社・仕事に行きたくないときの対処法
・「いつかはやらないといけない」が口癖なのは老害のはじまり
・17時から会議を始める老害たち
・仕事のできない課長・マネージャーの特徴
・キングファイルを頭に乗せて運ぶ課長は嫌いだ
・「異論があるなら社長になれ」という部長は名ばかり管理職で老害
・虫のような声を出す課長を好きになれない理由
・「上司との距離が近い」はいいことばかりではない
・酒の席でゴルフの話を延々と繰り返す上司は好きになれない
・1日5分のショートミーティングで、毎月恒例3時間の進捗確認会は排除できる
・「業務に直接関係のないこと以外はやるな」は正しいか
・夕方に、定時内に終わりそうにない仕事を振られたときの対応方法
・パワハラ上司への復讐なんて時間の無駄、だけどどうしてもやりたいならグーパンチの前にこれ
・社内に優秀なSEを集めればコストカットになる
・「パソコンが使える」はそんなに高いハードルではない理由
・就職・転職フェアやセミナーには一次面接のつもりで行くべき理由