プログラミング教育必修化で日本に少しでも賢い人間が増えることを願う

現在、政府は2020年からの小中学校での「プログラミング教育必修化」を検討している。理由はいろいろあるようで、IT人材の不足が予想されることや今後益々ITスキルが必要になってくる時代が来るというものらしい。そんなプログラミング教育必修化について少し考えてみた。

プログラミングは思考力の養成に役立つ

 まずプログラミング教育によるメリットを考えてみた。動くプログラムを作るということは、コンピュータに対し、決まった命令を書き指示すること。

 プログラミングに必要なルールを覚え、組み合わせ、思った通りの結果を出す。プログラミングは自由度が高い。完全な回答というものはなく、いくつも実現方法がある。そのいくつもの実現方法の中から最も効率が良い方法を選ぶ。

 最も読みやすく修正しやすく、キレイなコードを書く。それは数学の証明に似ているのかもしれない。ルールを覚え、組み合わせ、最も効率的な方法を選ぶ。実はプログラミングに取り組む中でこれらの思考力が自然と育てられる。

IT、ICTが企業戦略の決め手になる時代

 もはやIT、ICT技術なしで企業がビジネスを拡大することは出来ない。

 例えば自動を作るビジネスでは、自動車を設計して、材料や部品を仕入れ、組み立て、検証し、販売する。設計には設計ソフトが、仕入にはECの仕組みと需要予測するシステムが、組み立てラインには生産管理の仕組みが、検証もコンピュータで行われ、販売管理も全てシステムで行われる。ビジネスには欠かせない存在となっている。

 プログラミングではその根幹を成す原理原則を知ることができる。これを知ることでより有効にシステムを活用できる。

向かない子もいる?

 SEとして入社する人材の中にもプログラミングが苦手で挫折し辞めてしまう人がいる。きちんとルールを覚え、原理原則を理解しなければ思い通りには動かないのがプログラム。

 きっと子供の中にも苦手とする子が出てきてしまうだろう。そしてプログラミングは記憶ではなく、思考に重きをおくものなので、国語や社会よりも如実に差が出てしまうのではないかと思う。

 そんなときに先生や親はどうやってフォローしていくのだろうか。特にプログラミングなんてやったことのない親がフォローできるのだろうか。疑問である。

まとめ

 プログラミングには魅力的な面もあり、ぜひ興味をもって取り組んでほしいと思う。一方で向き不向きもあり、不向きな子に対してどのようなフォローをしていくのか、ということを十分に考えなければならないと感じる。塾でプログラミングを教える時代が来たりするのかと思うと不思議な感覚がある。