大手ITベンダーから社内SEに転職して後悔していること3つ

実際に大手ITベンダーから社内SEに転職した私が後悔していることを紹介します。

1.仕事が面白くない

 正直、仕事で求められるレベルは低く面白味のないような内容が多いです。
 特に一担当となると、利用部門からの問合せ対応とシステム改修の要望に応え続けるだけです。。
 
 縁の下の力持ち、と言うと聞こえはいいですが、所詮は”間接部門”という扱われ方で、利用部門のいい小間使いです。

 本当にITなしには成立しないような会社やITを武器にしている会社では別だと思います。




2.実質給料が下がった

 基本的に業務は忙しくありません。忙しそうにしているのは課長・部長くらいです。なぜ忙しいのかというと、自分が担当してきた仕事を下に継承出来ず、今なおプログラミングや問い合わせ対応を掛け持ちしているからです。また社内の役割ではなく、昔からの付き合いという理由でどうでもいい問合せが殺到し電話対応に追われています。

 中途入社するとそんなつながりはないので、電話は殺到しません。そのため生活残業以外で残業することはほとんどないでしょう。仕事効率の悪い人は何も考えずダラダラと残業しています。これはどこでもそうですが。




3.達成感がない

 基本的にプロジェクトなどが立ち上がったりリーダーとして任命されない限り、延々とただの運用保守業務が続きます。問合せもPC再起動すれば直るようなものが多くいですし、システムの改修もかなり小規模なものばかりです。

 これまでだとプロジェクトの工程の区切りやプロジェクトの終了で感じていた達成感みたいなものはほとんど感じることはありません。また特に新しいことにチャレンジするという気概もありません。なぜならただの間接部門なのであり、直接部門のフォローがミッションとなるからです。

 偉い人の鶴の一声で、新しいツールの導入検討などはありますが、所詮はやらされている作業になっているのが周囲の現状です。




まとめ

 ITベンダーで開発から下積みをしたり、設計や上流工程をバリバリとやっているような人には想像もできないくらい楽な仕事かもしれません。また実態としてSEではなく、ただの社内プログラマーと化しているIT部門も存在します。転職の際には十分に労働条件や業務内容を確認することをオススメします。やりがいを感じたいのであれば、ベンダーにいた方がいいと思います。