Oracle無駄をなくしSQLを高速化する方法

 業務アプリケーションでログインボタンを押してから業務メニューが出るまでの時間が遅いことがあります。

 原因は入力したユーザIDから各種マスタから権限情報を参照可能なメニュー情報を取得し画面生成をしています。これらを高速化するには各種マスタのアクセス時間を最小にする必要があります。最小にするには各種マスタを常にキャッシュメモリ上に載せておけば良いのです。

>>SQLが突然遅くなる原因と対応方法

>>ORACLEチューニング関連記事の一覧

1.KEEPキャッシュサイズの設定

 ALTER SYSTEM SET DB_KEEP_CACHE_SIZE = 10G;
 ※常に載せておきたいテーブルのサイズ合計に合わせてください。


2.テーブル属性の変更

 ALTER TABLE TABLE1 STORAGE(BUFFER_POOL KEEP);


3.データをキャッシュメモリに展開させる

 ※システム開始直後にプログラムで実行することをおすすめします。
 SELECT /*+FULL*/ * FROM TABLE1;



>>おすすめのORACLE参考書まとめ




★★★ブログ村ランキングに1票お願いします!もちろん無料です(笑)★★★
ブログランキング・にほんブログ村へ

【SQLでお困りの方にオススメ】
■SQLが遅くなる原因
・SQLが突然遅くなる原因と対応方法
・OracleSQLのレスポンスが遅い原因3つ
・JOINを使って表結合するとSQLが遅い!?
・SQLがパラレル実行されない原因

■SQLチューニングの基礎知識
・ORACLE SQLのヒントとは
・ORACLEのオプティマイザと実行計画について
・ORACLEのテーブルやインデックスの「統計情報」とは

■SQLチューニングの方法
・SELECT文のSQLチューニング方法
・OracleExadataでのSQLチューニング方法
・SLECT文が遅いときのインデックス作成によるチューニング方法
・INSERT文のSQLチューニング方法
・Update文が遅いときのチューニング方法
・Delete文が遅いときのチューニング方法
・IN句をEXISTS句に置き換えするチューニング方法
・OR句の置き換えによるチューニング方法
・IN句の置き換えによるチューニング方法
・テーブルアクセスフルスキャンを無くしてチューニングする方法
・SQLでGROUP BYが遅いときのチューニング方法
・SQLのソート処理が遅い場合のチューニング方法

■表や索引の断片化対策
・プロが教えるORACLEの表や索引の断片化解消の見積り方法
・ORACLE表の断片化を解消する3つの方法

■SQLのチューニングの補足情報
・ORACLE SQLヒントの書き方
・SQLに複数のヒントの書き方
・OracleSQLに実装すべき3つのSQLヒント
・ORACLE表の統計情報取得日の確認方法
・「統計情報が古い」とはどういうことか
・ORACLE表の統計情報の取得方法

【自己学習したい方にオススメ】
・自宅で勉強用にORACLEデータベースを無償でダウンロードし構築する方法
・OracleMasterGold12cに一ヵ月で合格した勉強方法
・OracleMasterExpertパフォーマンス&チューニングに一ヵ月で合格した勉強方法
・手に職がない人はIT業界へ、オススメ資格と勉強方法
・OracleDBのチューニング勉強方法
・OraclePL/SQL勉強方法